企業理念

「サステナブルな世界のために,企業を通じて社会を変える」


株式会社 環境管理会計研究所は、神戸大学初の社会科学系ベンチャー企業として誕生しました。
2000年(財)地球環境戦略研究機関 関西研究センター「企業と環境」で企画した「環境会計研究会」が弊社「サステナビリティ経営研究会」の前身です。
日本の大学や研究機関で研究を続ける社会科学系の研究成果を、実際に企業に使ってもらい、よりよい社会作りに貢献することを目指して創業しました。
社会科学の研究は、実際に社会で役に立たなければ、優れた研究とは言えない。そこで研究者と企業をつなぐ場として、「サステナビリティ経営研究会」を運営しています。
研究者による最先端の理論や、最新の活動を実践する企業事例を紹介し、参加者でディスカッションをして、課題を認識し、また解決を考えることです。その間に、企業の中に入り個別の課題に深くかかわり、ともに課題解決を目指すこともあります。
研究成果を企業に知ってもらい、使ってもらい、フィードバックしながらより優れた研究を行うことが社会をよくする・・・この循環を目指しています。


【事業内容】

環境報告書/サステナビリティ経営研究会/マテリアルフローコスト会計(MFCA)コンサルティング